事例紹介

売却ケース成功事例

豊後大野市の不動産会社「三光土地建物」は、これまでに多くの不動産売買の実績を重ねてまいりました。
それらが、三光土地建物の資産であり、強みでもあります。
そのなかから不動産売買を考えていらっしゃる皆さまにご参考になる成功事例をピックアップいたしました。
こちらのページにご紹介させていただきますのでぜひご覧ください。

こちらに挙がっていなくても、お客さまが抱えておられるお悩みと似た事例もあるかもしれません。
お悩み・ご相談事がありましたら、三光土地建物にお気軽にぜひ一度お問い合わせください。

成功事例ケース1

成功事例ケース1

Aさんは、「いつかは今住んでいる家よりも広い家に住み替えたい」という希望を持って相談に来られました。相談にいらっしゃった時点では具体的な売却の意思はなく、とりあえず今の家を査定して欲しいとのことでした。実際にAさんのお住まいを査定させていただいたところ、ちょうど今の家の残債と同額程度の査定額をご提案する結果になりました。Aさんはその結果をご覧になり、売却をゆっくりと進めながら新しい住まいを探すことにしました。

そして、売却活動と購入活動を並行してスタートしてから約半年に、Aさんは希望通りの物件を見つけられました。その時、今の住居は買い手がまだ見つかっていなかったため、少しだけ価格を下げたところ、すぐに購入者が決まりました。その結果、もともとの住宅ローンを解約してから新しいローンを組むことができたため、負担のない住み替えを行うことができました。新居への住替えはもっと先の未来だと思っていたAさんは、約半年で希望が叶ってたいへん喜んでいらっしゃいました。

成功の秘訣

住居の買い替えでは売却と購入のタイミングを調整して二重ローンを避ける必要があります。売却を先にするのか、購入を先に進めるのか、状況にあった選択をしたことで短期間での住み替えが実現した事例です。

成功事例ケース2

成功事例ケース2

Bさんは弊社に相談に来る前に、大手の不動産会社の専属専任媒介契約を結んで、お住まいの販売を進めていました。担当者の方は誠実な方で、熱心に販売活動を行ってくれたおかげで内覧に来る方は後を絶たなかったそうです。しかし、内覧をした後にお断りをする方ばかで、契約期間の3ヶ月が経ってしまいした。

困ったBさんは藁にもすがる思いで弊社に相談に来られました。私達が物件を調査しにいったところ、日当たりの悪さが気になったため、家具を日当たりの良くなるように配置し変え、内覧してもらう時は日当たりの良い時間帯にするようアドバイスしました。そのアドバイスが功を奏し、アドバイスから一組目のお客さまで無事ご成約となりました。

成功の秘訣

部屋の印象はちょっとした家具の位置変更などでガラッと変わるものです。販売活動に精を出すという基本姿勢を貫くことも担当者の使命ではありますが、部屋を魅力的に見せる、整理整頓や掃除を見直す、といった違った角度からの一工夫をきっかけに一気にご成約を達成できることもあります。こちらのケースでは、私達のこれまでの売買経験に基づいたキメ細やかなアドバイスで売却を成功に導くことができました。