相続・空き家について

  • HOME
  • 相続・空き家について

不動産相続・空き家売却について

相続物件の売却について

相続物件の売却について

相続物件を売却する場合は、通常の物件を売却するのと手順が少し違います。たとえば、遺産として相続した物件であるため、不動産の名義人を変更するなどの手続きが必要になります。もし、不動産を相続した場合は、不動産会社に相談しながら売却を進めましょう。

豊後大野市で不動産業を営む「三光土地建物」では、不動産の相続にもご対応しています。相続物件でお悩みの方はお気軽に当店にご相談ください。

相続物件売却の流れ
Step01遺産分割協議
相続人が複数いる場合には「遺産分割協議」を行い、遺産の分け方を決めます。その内容は「遺産分割協議書」という書類にまとめていきます。
Step02不動産の名義人変更・相続登記手続き
不動産はまだお亡くなりになられた方の名義になっているため、相続する方に名義変更を行います。管轄の法務局にて、相続登記手続きを行います。

この後は、通常の不動産売却と同じです。

Step03売却活動
不動産会社に仲介売却してもらう。または、不動産買取してもらう。
いずれの売却方法でも不動産会社に問い合わせて査定をしてもらいましょう。売却の際に出た収益には譲渡所得税がかかります。確定申告を行って、忘れずに納税しましょう。

空き家物件は放置しないようにしましょう

空き家物件は放置しないようにしましょう

もしも、使っていない不動産がある場合には空き家にしないようにしましょう。空き家のまま放置しておくと固定資産税が発生するだけでなく、不法投棄、不法侵入など犯罪の温床になってしまうためです。また、倒壊などで第三者に危害が加わった場合に損害賠償が発生するリスクすらあります。

このように、空き家は放置をしておいても何もメリットは生まれません。資産として活用するにしても売却をするにしても、少しでも早く不動産会社に相談するのがおすすめです。空き家でお困りの方は豊後大野市で不動産業を営む「三光土地建物」までご相談ください。

空き家物件売却の流れ
Step01ご相談・査定の依頼
まず最初に、不動産会社に相談して空き家物件を査定してもらいましょう。
物件の施工写真や建築確認申請書、定期点検やリフォームの記録などがあれば、査定がスムーズに進みます。
Step02不動産会社を決める・売却依頼
査定を複数の不動産会社に依頼した場合には、どの仲介会社に依頼するか決めましょう。
この際、価格だけで決めてしまうと、結局売れなかったという事態にもなりかねません。過去の実績なども調べながら信頼できる仲介会社を選ぶのがポイントです。
Step03販売価格を決める
仲介会社を決めたら、あらためて販売価格を決めます。
空き家の販売価格と言われてもイメージがわかないかもしれませんが、疑問や不安がある場合には、残さず不動産会社に質問してみましょう。
Step04購入希望者との交渉
不動産会社の販売活動で買い手が見つかったら、買い主と交渉を行います。不動産会社が間に入って行ってくれるので、納得の行く条件で不動産を売却しましょう。
Step05売買契約締結・空き家物件の引き渡し
購入希望の方との交渉が成立したら晴れて売買契約の締結となります。
購入者の方から金額が支払われ、物件・鍵の引き渡しが済んだら空き家物件の売却は完了です。